-関東図書基地-

□さよなら愛した人。
1ページ/1ページ

流血_戦闘_Bad End_キャラ合ってない_主人公(最後しか)出て来ない_おk?














「____小牧さん」

私は小牧さんを見上げた。
小牧さんは、肩で息をしながら、にこりと私に笑いかける。

「良かった、無事で」

ぎゅ、と抱きしめられると、安心からか涙が溢れて、嗚咽が出る。

そんな私の背を撫でて、落ち着かせてくれた小牧さんは、体を離して私を見つめると、

「今から安全な所に行きます。大丈夫?」

そう口が動くと、私は頷いた。

「じゃあ行くよ。俺のそばを離れないで。」

うん。自分の声は聞こえないけど、たしかにそう、返事をする。

再び笑った小牧さんは、ゆっくりと下の階に続く階段に進み、私においで。というように手招きをする。

そんな風に小牧さんについて行って、ついに2階に到着した____

その時だった。

小牧さんの身体がぐらりと傾く。

「小牧さん!!」

「_____!」

早すぎて聞き取れなかった言葉。
でもきっと、下がってて。とか、下がれ、って言ったんだと思う。

何とか踏ん張った小牧さんは、銃を撃つ。

聞こえないけど、きっと耳が痛くなるほど、銃声がしてるんだと思う。

「毬江ちゃ、こっち、おいで、」

荒い息をしながら、手招きをする。慌てて駆け寄ると、小牧さん、と相手を支えた。

「そこの、物陰に、…行こう」

と指差したのは、カウンターの下。
小牧さんを支えながら、何とかカウンターの下に行くと、小牧さんはまた、笑った。

「ごめん、…ね、毬江ちゃん」

「何で謝るの、小牧さんこそっ、大丈夫な____」

ぐ、と口を塞がれて、し、と口元に指を当てる。

「いい?今から別行動をします。君はここに隠れていて。」

そう言うとにこりと笑って頭を撫でてくれた。

「小牧さんは____」

「俺は大丈夫だから。ね」

そう言って銃を構えれば、出ていこうとする小牧さんの服の袖を掴む。
服に滲む血に眉をひそめつつ、言った。

「約束して。小牧さん____幹久さん。必ず、戻ってきて。」

「____…」

少し驚いた顔をした後、返事もせず微笑んで私に背を向けて走っていってしまう。

私は銃声が鳴っているのかなっていないのか、誰かいるのかいないのか分からない空間で、1人小さくなって、誰かが来るのを待った。



何分、何時間かかったかは分からないけれど、肩を叩かれる。

びくりと顔を上げる。そこには___

「毬江ちゃん!」

「____笠原さん____」

良かった、と笠原さんは私を、抱き締める。

でもそんなことより小牧さんが心配で、笠原さん!と声を上げる。

「小牧さんはっ!!??」

「ッ____」

急に悲しそうな顔をする笠原さん。

「小牧、教官は____」

そこからは、私の目を疑った。

『小牧、教官は、…急所を撃たれて、出血多量で、見つかって…病院に運ばれたけど、…多分、もう____』

視界が歪んだ。

大泣きしたかった。

私のせいで____

でもその時、笠原さんの口は、でも!と動いた。

「毬江ちゃんのせいじゃない。小牧教官が、言ってたの。…言ってた、って言うか、書いてたんだ。これ…」

笠原さんは、1枚の紙を差し出した。血に濡れている、メモ帳。

『毬江ちゃんへ。
君のせいじゃないよ。
だから、前みたいに笑って生きて。
さようなら。
小牧幹久』

走り書きで書かれていた。

きっと、意識が薄れゆく中で書いたんだ。

私に。

涙が溢れて落ちた。

そんな私を笠原さんは、目いっぱいの涙を溜めて、抱きしめた。

____さよなら愛した人。

またいつか、出会える日まで。





試し投稿…というか最後思いつかなかった○| ̄|_

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ