コメント

□コメント
1ページ/1ページ

天猫「とういわけで3位ね〜」

シェル「どういうわけだよ・・・」

天猫「はい。ぐだぐだいわない。さくさくお返事いくわよ」

シェル「・・・人の話を聞け」


『マナへの愛を熱く語って下さい!』


シェル「はっ?!あ、愛!!?」

天猫「いや〜、面白いのがきたわねぇ(にやにや)」

シェル「楽しんでるだろ・・・」

天猫「えっ?何、当たり前の事言ってるの?」

シェル「・・・・・(こいつ)」

天猫「ほら、ほら。日頃の思いのたけをこの機会に全部言ったらどう?」

シェル「思いのたけってな・・・」

天猫「それとも口にも出来ない程度のものだと?」

シェル「(カチン)そんなはずないだろう!俺のマナへの想いはそんなものじゃない!」

天猫「(にやり)ほう・・・」

シェル「俺はあいつの存在全てを愛してて大切だ!あいつの何処がいいとかそいうレベルの問題じゃないんだよ」

天猫「もし他の奴がマナにちょっかいかけてきたら」

シェル「全力で排除する」

天猫「もしまたマナが攫われたり、危険な目に曝されたらどうする?」

シェル「どうもこうもない。俺があいつを護るだけだ。俺はあいつを護りたい・・いや、護らなきゃいけないんだ」

天猫「もしも、もしもよ。ユラ達にマナとの関係を突然反対されたらどうする」

シェル「・・・だとしても俺の気持ちが変わるわけないだろ。認めさせるまでなんだってするし、もし絶対に認めないようならその時は、例えユラ嬢達でも容赦しない」

天猫「ぶっちゃけ国とマナとどっちが大事?」

シェル「王族としてこういうことは本当はいけないんだろうが・・・正直言うと、マナの方が大事だ」

天猫「それは・・・ごちそうさま(にやっ)」

シェル「・・・!って、俺は何を散々口走って」

天猫「いや〜〜。良い答えがいただけまして大変満足よ」

シェル「おまっ・・・!」←顔真っ赤

天猫「さすが純情。正気に返った途端に顔が真っ赤よ〜」

シェル「お前・・・お前・・・・」

天猫「さってと。それじゃあ。もういいから。んじゃ、私はこれ」

シェル「ちょっと待て!その手に持ってるモノはなんだ?」

天猫「えっ?これ?いや〜〜。今の感動的な台詞の数々を是非とも聞いてもらおうと」

シェル「誰に!?」

天猫「主にマナとか、マナとか。いいじゃない。言う手間が省けて。普段はあんな事言う度胸もないだろうし」

シェル「・・・全力で止めてやる」

天猫「はははっ。出来るものならやってみなさい〜〜」←脱兎

シェル「待て!」←追跡


強制終了・・・

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ