コメント

□コメント
1ページ/1ページ

天猫「やっぱりとったな。な感じで1位おめでとう」

エレシュ「それ、喜んでいいのか?」

天猫「いや。だって実はある程度予想してたから」

エレシュ「そんな事俺が知るか」

天猫「でもあれね。1位なのにコメントないわね」

エレシュ「それこそ知らない。興味がない」

天猫「・・・あんた。折角1番票入れてもらってそういうこと言う?」

エレシュ「本当に興味がないのだから仕方がないだろう」

天猫「あ〜。そうよね。あんたが興味あることなんてディエスのことだけだもんね」

エレシュ「なっ・・・!」

天猫「えっ?事実でしょう?」

エレシュ「それは・・・いや・・ちが・・いや、ちがわ・・」

天猫「あはっ!面白い」

エレシュ「・・・歌うぞ」

天猫「いや、いや、いや。それはちょっと待って。待ってって!」

エレシュ「人をからかってそんなに楽しいか?」

天猫「いやぁ〜・・・それは楽しいに決まって」

エレシュ「そうか。よし」

天猫「いや、だから待ってって!はい!深呼吸止める!第一勝手に歌うとディエスに怒るわよ」

エレシュ「・・・・・ちっ」

天猫「・・あんた。色々と吹っ切れて性格変わってない」

エレシュ「気のせいだろう」

天猫「いや、気のせいなんかじゃないと思う。でもあれよね。あんたにこう、たくさん票が入ったのって」

エレシュ「最近俺達の方はあまり進んでいないからだろう」

天猫「ぎくっ!ま、まあそれも勿論あるんだろうけど・・・」

エレシュ「・・・目が泳いでるぞ」

天猫「でもやっぱり、何よりあれだと思うのよ」

エレシュ「(逃げたな)あれとは?」

天猫「エロ・・・・でしょ」

エレシュ「・・・おいっ」

天猫「あんたとディエスは間違いなく我がサイトで1番のエロ要因だからね」

エレシュ「全面的に否定する!というか、投票してくれた者達全員がそういう気で投票したわけではないだろう」

天猫「いや、でも嫌ではないでしょう」

エレシュ「何を根拠に!?」

天猫「だって、あんたディエス限定でちょっとマ・・」

エレシュ「何を言おうとしている・・・?」

天猫「何って?真実を」

エレシュ「どんな真実・・いや、いい・言わなくていい・・・」

天猫「そう残念ね。それじゃこの辺りでフリートーク終了ということで。さらば」

エレシュ「・・・2度と来るな。・・・・・、・・・・・そういうつもりで投票してないよな?」←ちょっと不安

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ