その少女、転生者につき

ドリーム設定


[1件〜5件/全5件]

設定
____設定には若干ネタバレが含まれていますので、それが苦手な方は設定を読まずに話を読み進めることを推奨します。
設定は見なくても特に問題はありません。____

プロローグ
____私の声はもう、届かないけれど。“ごめんなさい”なんか言ってやらない。____

第一話 【認識】
_____『前世』の記憶をしっかり持つ私にとっては、馴染みの深すぎるその名前は、二人の容姿と共に私の脳内に訴えてくる。
ここは、『黒子のバスケ』という漫画の中のせかいのパラレルワールドなのだ。と。____

第二話 【片鱗】
____思えば、マコが猫かぶりを始めたのはこれがきっかけだったのかもしれない。____

第三話 【ゲーム】
____部屋は、所々戦でもあったかのようにグチャグチャになっており、壁や床には思いっきり殴られたような跡があった。____



[1件〜5件/全5件]

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ