長編

□桜が咲く頃に…
1ページ/1ページ

〜プロローグ〜


ロウ「もっと早く、あなた達に出会えてたら良かったのにね。」


孤独な少女は、運命を変える6人の男たちに出会う。


おそ松「長男命令!お前、今日から俺達の家族な!?」


…彼女はこの言葉に泣きながら答えることになる。


そして、"独り"ではなくなる。


これは、そんな1人の少女と個性豊かな六つ子の物語である。


・・・




「死ねぇ!!クソガキ!!!」


3人の男が、いっきに1人の女に飛びかかった。


ロウ「……。」


女は、踊っているかのように鮮やかな蹴りをかまし、飛びかかってきた男3人をふき飛ばす。


「うぐっ…くそっ!」


男達は、床に身体を強く打ち付けたらしく、動けないようだ。


女は倒れている男たちを見て、少し顔を歪めた後、ゆっくりと歩き出した。


ロウ「あとはカヴァルファミリーのボス。あんただけ…。」


「ひ、ひぃぃ…!や、やめてくれ!」


ロウ「……ごめんなさい。これが、あなたを殺す事が、私の仕事なの。」


彼女はそう言い、男の胸ぐらを掴み、注射器の様なものを着ているパーカーの内側から取り出し、首へ刺した。


男は腰が抜けていたのか、掴まれても身動きできずされるがままだった。


「うぐっ、うわぁぁ!!」


男は泡を吹いて倒れた。


ロウ「……。」


彼女はサッと踵を返し、倒れている人達を背にし、歩き出した……。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ