長編

□3/4組に腕相撲やらせてみた
2ページ/8ページ

その4人の中で黒羽を除いた服部、白馬、工藤の3人は有名な高校生名探偵で、数々の難事件を解決してきた…のだが、この3人がいまだに解決出来ていないものがある。


それは…"怪盗キッド"を捕まえる事だ。


毎度毎度、追い詰めはするものの…あと1歩のところで逃げられてしまうのだ。


先生「よし!さぁー始めるぞー。あ、対戦相手は先生の独断と偏見で勝手に決めます!ので、誰と当たるかはお楽しみにw」


モブ「え?そういうのはクジ引きとかで決めるんじゃないんですか?」


先生「あー…面倒くさいし、こっちのが面白いから。いいのいいの。」


黒羽「そんな私的理由で!?やるならちゃんやれよ!!」


…黒羽は、4人の中で1人だけ探偵ではないのだが、彼には3人にも言えないある秘密があった。


それは…黒羽が3人の探偵たちが捕まえる事が出来ていない、あの"怪盗キッド"である、という事なのだ。


先生「はいはい。じゃあー第1試合は…」


服部「軽く流すなや!」


・・・


先生「えー次…何試合目だっけ?まぁ、いいや。次、服部対工藤!」


工藤「え…服部とかよ…」


服部「なんや、おれとは嫌なんか?工藤。」


黒羽「いや、本当はビビってんじゃねーの?ww」


服部「そーなんか?w工藤ww」


工藤「…あ"?」


今の今まで自分の席に座り、本を読んでいた工藤が怒りオーラ満載で立ち上がった…。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ