地球から100億光年離れているある星があった。
その星は地球の20倍位の大きな星で、魔法使いが住んでいる星だ。
そしてこの話の主人公の名は、神島 天魔(カミシマ テンマ)、15才
彼は教会の前に捨てられていた。
段ボールの中に1枚の紙切れと共に...

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ