長い夢物語



黒子のバスケの長編夢小説。
緑間と花宮と時々今吉。


「大きなコートの端っこで
君は誰に対するよりも
残酷に私に微笑みかけた」

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ