君がいる夢、あなた達がいる夢

□07
1ページ/1ページ



4人で集まって実況を録る日の俺はテンションが通常の3倍… というわけではなく、いたっていつも通り。


なぜなら俺は普段からテンションから高いからだ。
参ったか。


ってなわけで今日もFBの汚部屋で録画開始。



「はいみなさんこんにちは! 本日もこのマリュオパーピーナインを」
「早速噛んでんじゃねえか」
「FB777です!」

「この俺が、マリオ会に君臨し道産子都会人的存在KIKKUN-MK-Uです!」
「どっ」



横でFBが変な声を出した。
今の声キモかったぞお前どうした。



「あっ、ろまほっとです」


「…」

「おーい、えおえおー」


「あ、あぁ、えおえお、です」



あろまとえおえおの様子がなんかおかしい。

考え事してたんかな。



――――――――



「じゃあ今日はこのへんで」

「はぁいじゃあ全世界のみんな、んばああああああい」

「ばいばい」

「ラッセーラーラッセーラー」



「…」



FBが録画を終了したのに誰も何も言わない。

やっぱみんな今日なんかおかしい。



「きっくん」



あろまが真剣な顔で俺に話しかけた。



「んー?」



FBとえおえおは黙ったまま俺とあろまを見てるし。

なんだこの状況は。



「きっくん、きっくんもさ、毎日あの夢見てんの?」



あろまは床を見たまま俺に聞いた。

あの夢?



「あの夢って●の?」

「うん、そう。●」


「えっ……今更?」

「えっ」
「えっ」

「ポイントカードはお持ちですか」

「お餅なんですか」

「えっ」
「えっ」



あろまがのってくれた。

ちょっと嬉しい。



「いやふざけてる場合じゃないでしょ!」



ずっと黙ってたFBがいつもの大声を出した。

えおえおはうんうん頷いてる。



「いやいやお前ら何驚いてんの?」

「だってお前が●の言ったこと丸パクリするから!」
「そこじゃねえだろピザ!」
「ピザ食べたい…」


「きっくん、●が住んでるところは?」



FBとあろまが漫才を始めたところで1人冷静なえおえおが聞いた。



「青森」


「…マジで同じ夢見てんだな」


「俺だけだと思ってたわ」


「おりゅぇ、俺も。変な人だと思われると思って言わなかったけど」

「お前は変な人だろ」

「にゃんだって!?」


「俺は普通にお前らも見てるもんだと思ってた」



「…なんでだよ」



「んー、なんでだろ」



俺は夢の中でだってお前らと遊んでたいから、とかじゃダメかな。




[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ