君がいる夢、あなた達がいる夢

□05
1ページ/1ページ


私はゲームが大好き。

それはどんなジャンルであっても。


1人でも楽しいけれど、2人ならもっと楽しい。

3人、4人ならどれだけ楽しいんだろう。

でも私の友達はゲームに興味がない人ばかりで、一緒に遊べるのは弟しかいない。





弟が寝てしまって1人でゲームをしていたら妙に虚しい気持ちになって、セーブをしないまま電源を切った。

ゲームは楽しくやってこそだ。

楽しくないなら、やる意味はない。



誰か、誰でもいい。

一緒にゲームができる人がいてほしい。

年齢も性別も気にしない。

楽しければ、それで。




あ、もう3時。

珍しく夜ふかししちゃったな。

寝よう。








――――――――

目を開いた。


布団にくるまって眠りについたはずの私は、4人の男の人に囲まれてゲームをしていた。



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ