君がいる夢、あなた達がいる夢

□02
1ページ/1ページ


究極に良い夢を見た。

はっきりとは思い出せない。


ここ最近ずっとだ。


ぼやっとしている夢の記憶をなんとか捻り出す。


俺はいつものメンバーでゲームをして… いや違う。

もう1人いた。


知らない、可愛い女の子。


今までの女友達の誰とも一致しない。

それもそのはず、彼女は俺たちより10歳ほど年下に見えた。



口数は少ないけどノリが良くて、ゲームが上手い、あの子。



「…●」



今日も、一緒に遊べるだろうか。



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ