君がいる夢、あなた達がいる夢

□01
1ページ/1ページ


最近4人揃って見る夢に出てくる少女。


毎晩俺たちは5人で楽しく過ごし、目覚めとともに「またね」と別れる。


何度も少女と会って遊ぶ度、目が覚める度、現実の俺たちの中にいてほしいと思うようになった。


その少女、●は実際に、日本のどこかにいるような気がしている。


いつか俺たちは会える。そんな気がするんだ。



――――――――



もう2週間も前になる。

暦の奇跡がもたらした9連休で調子に乗っ取た俺たち4人は、一晩中俺の汚部屋でゲームをし、飲み明かした。

あろまとえおえおが寝たところまでは覚えてる。

きっくんとフラフラしながら飲み続けて、たぶん寝てしまって、気づいたら俺は、俺の部屋でゲームをしていた。


「ダントツ1位だぎゃあああああ」
「俺の青甲羅が火を噴いたぜ」
「ざまぁw」


俺の横にはいつも通り騒いでいる男が3人。

お前ら寝たはずじゃ…あれ?


「おいFBなにぼーっとしてんだよ」
「おまえビリだぞ」

「あ いっけね! ここから怒涛の巻き返しをあばす!」
「赤い三連星じゃ周回遅れのザコ」
「鬼ぃ。あ」


見てるだけじゃ可愛そうだ。
ゲームは見るのも楽しいけど、やっぱりやったほうが楽しい。


「●、」


俺たち4人の真ん中、きっくんとあろまの間にいる女の子の名を呼ぶ。


「はい?」


彼女は背を反らして、きっくんの背中越しに顔をのぞかせた。


「変わるよ。はい」


コントローラーを彼女に渡すと嬉しそうに微笑んだ。


「ありがとうございます」


両手で受け取ってお辞儀までしてくれた。

本当に礼儀正しくていい子だ。


「お礼なんかしなくていいんだぞ●」
「ビリが変わるって言ったのFBだし」
「次どのコースやる?」
「どこでもいいですよ」


…あれ、なんで俺、あの子の名前知ってるんだっけ。


ていうかあの子誰。



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ