shin

□ただ、それだけ…
1ページ/6ページ

リュウガ「よーし、野郎共!下船だー!」

意気揚々と船を降りていく船長…

あの様子だと行き先は酒場じゃなく娼館だろう…

俺は船長の背中を睨み付けた

船長の娼館通いは寄港の度、毎度の事だ

あいつもそれを分かっているはず

だからあんなに目を腫らしているんだろう

どれだけ泣いたんだ?

どれだけ船長に行くなと食い下がったんだ?


今だって泣きたくて仕方ないんだろう…


俺だったら、あいつにこんな思いはさせない…


と、つい柄にもない事を思ってしまうのが自分でもおかしい

そんな事を考えながらあいつを見ていたら、声をかけずにはいられなかった
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ