名をくれた君を想う

独りで泣いている君を見て、
傍に居たいと願ってしまった

嗚呼、今日も君は独りで泣いているのだろうか

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ