†ぬらりひょんの孫花園†

□闇に交わり、白。
1ページ/2ページ




「あ、うっ!?」


「おいおい、どこに行く気だい?」


「嫌だっ……離し……」


「離さねぇよ……誰が、好いたやつを離すんだ?」


「ぅあっ……!」




本来捕らえる側の自分は今、目の前の―――のらりくらりと逃げる男に、囚われている。












深くを、彼――鯉伴に灼かれて。










逃げようとした頭も、がっちりと押さえ込まれて。














総てを――――曝せ、と。






















「いつもの勢いはどうした?首無よ」


「うるさっ……あ、あぁっ!」




思わず声が上ずった。




「やめっ……り、はん……鯉伴っ!」


「いい声だぜ、首無」


「ばかっ……!聞くな、うぁ、あ、あっ!」


「そりゃァ無理ってもんだ」







聞きたいから弄り、責め、陥れる。






体は素直だから、どこをどう責めてやれば首無が堕ちるか、鯉伴は良く知っている。








「は……こうされるのが好きなんだろ?」


「あぁあ!」




好きなように突き上げてやれば、頬を紅く染めて、上がる声を何とか抑えようとするように、唇を噛み締める首無の姿。



「鯉伴……鯉伴っ……!」


「あぁ……一緒にイくか?」


「ん……」



問えば、素直に頷く、恋人であり、子分でもある首無。





(普段から、これだけ素直になりゃいいものを)






そこは同じ、男同士。





プライドやらとてあるだろう。













それでも鯉伴は、この男の堕ちる様が観たいのだ―――












「くっ……首無、出すぞ……!」


「バカ、中はっ……ぅあ、あぁあ、ーーーーーーーーッッ!」


「……ッ!」




闇の交わりの中で、白く欲望が弾け飛ぶ。


























意識も、体も――――白に、染まる。







→後書き
.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ