†ぬらりひょんの孫花園†

□七夕の夜
1ページ/2ページ

ちりん・・・・・・ちりん・・・・・・




「………珍しく晴れたな」

「あぁ」




七夕の夜。



いつものように、鴆とリクオは酒を飲み交わしていた。


「なんでも、過去10年、晴れたのは3回だけだそうだぜ」

「よっぽど織姫は嬉しかったんだろうさ」




ちりん……ちりん…………




風鈴の音だけが、しばらくの間、その場を支配した。


「………リクオ」

「あ?……ッ、鴆」


振り向きざまに掠め取るように唇を奪われて、リクオは反射的に赤くなった。


そのまま押し倒してくる鴆に抗わずに、リクオはまっすぐ鴆を見つめた。


「なァ、鴆」

「あ?」

「………………何でもねぇ」

「なんでぇ、気持ち悪ィな」



一瞬考えたことに、我ながら何とも恥ずかしくなって、リクオはプイと顔を背けた。




死んでも言えない。





もし、織姫と彦星のように、引き裂かれたとしたら。




鴆は、どうするのだろうと、考えてしまったことなど。






「………まぁ、いわねぇなら、無理矢理にでも言わせるまでよ」

「ん…っ、鴆……!」


合わせを肌蹴させて忍びこんできた鴆の手に、リクオの体はビクンと跳ねた。


「…………リクオ」


耳に響いた鴆の掠れた声に、リクオは全てを手放した。






ホントにリクオが話したのかを知るのは本人達のみ。


→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ