†ぬらりひょんの孫花園†

□ずっと、キミの、隣で。
2ページ/3ページ

 掴んだ腕も、



                            未来の闇も、



                           キミのとなり、と






                              願った

















正式に契りを交わしてから、ずっと。



鴆はずっとずっと、鴆なりのやり方で、リクオのことを支え続けてきた。




「長いな………」




リクオが生まれた時から数えると、もうずいぶんと経つ。





一人縁側で、完全に人払いをして、鴆は酒を煽っていた。




「………ぐっ、ごほ、ごほ……っ」




咳をすれば、手のひらに己の紅い液体がべっとりと付いた。




「……ふ………」




この手で薬を作って来たのももう数え切れるほどではないけれど。




愛しい彼の体を組み敷き、その身に愛撫を施して。




啼き喘がせて、善がらせてやったことももう数え切れないほどだ。






『あ……・ぁ、ぜ……ん………!鴆……っ!』





この背に爪を立て。



白い喉をさらけ出して。



普段の低音もクールさも、理性すらも何処かに飛ばして甘い嬌声を上げるリクオは。




「……死ぬまで、俺のもんだ」




百鬼を従え、時には人の子までをもその背の後にかばうという彼は、閏の内、情事の時のみ、鴆だけのものだった。






『んぁ……っ、ぜ……あぁあっ!』



『リクオ……』



『ん、あ、お前……っ』



『ん……?』



『何、考えてやがる……?』




それは、責める響きではなく。




『何でもねぇよ』



『嘘、だ………っあ…あ!』



『気にすんな、ただ―――――』




百鬼の主とその配下、ではなく、唯一ただの鴆とリクオで居られる、この瞬間。



このときだけは、リクオは自分だけのもの。




(それが、嬉しいと思っただけさ―――)







しばし懐かしい思い出にふけって、鴆は目を閉じる。




「……おめぇんとこの桜は、いつも綺麗だな」



『あぁ、そうだな……』




自分の中の記憶に刻まれた声が、鴆の瞳の裏で、鴆に応えた。




「もう………見れねぇんだろうな」



『………』



微かに、気配が動揺を見せた。



「なぁ、リクオ」



『……何だ、鴆』



「この桜は……いつまで咲く?」



『………さぁなァ』



皮肉なものだ、と思う。




この桜は、先代も、先々代の死も、看取ってきた。



そして今度は、自分の―――――




「ふ………」




ふと、わずかに一瞬、先代と先々代が、桜の木の上で、酒を楽しんでいるのが見えた。




「………また、呑みにくりゃいいか……」




この美しい桜を、愛でながら。








盃を置いて、鴆は瞳を閉じたまま、そっと呟いた。








「俺は―――――――」









ずっとずっと、キミの、隣で。












                            瞳、焼きつけた熱さ



                           忘れてても、覚えていて  



 






                              掴んだ腕も、



                              未来の闇も、



                             キミのとなり、と







           願った
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ