†ぬらりひょんの孫花園†

□執着心
1ページ/2ページ

「なァ……鴆、も………ぅ」

「まだだ………」

「ん………あ……っ、もう……ムリだ………!」




限界。



いくらそう訴えても、己を攻め立て、達しそうになるたびにそれを阻止するこの男は、どこまでもリクオを焦らし続ける。



「あ……あぁ………っ、ぜ……ん……!」



過ぎた快感は苦痛になる。



それを分かっていながら、なおもリクオを苛み続ける妖鳥―――鴆は、不機嫌そうにリクオを視姦する。




「うぁ……つ……っ、鴆……!」

「……おめぇが隠そうとするのがいけねぇ」

「んなこと言……っ、ぁん………っ!」




反論しようとしたリクオ自身を、それを許さないというように強く扱き上げる。




そう、鴆は今―――軽く怒っていた。



リクオはふらりと鴆の所へやってきては、酒を飲み、そのまま帰ることも―――情事にふけこむことも、しばしば。



今日もリクオはふらりとやってきた。



鴆もいつものように酒を用意しようとして―――気付いた。



彼の―――リクオの脚に、いくつか傷ができていることに。




『おめぇ、それどうしたんでぇ』

『何の話だ?』

『何の話だ、じゃねぇ。その脚の怪我、どうしたんでぇ』

『………』




かすかにリクオは舌打ちをした。



どうやら隠すつもりだったらしい。



それに機嫌を損ねた鴆は、怪我を手当てしたついでに、そのまま流れでリクオを押し倒したのだった。




「……どこぞの誰にやられたわけじゃぁねぇみてぇだから、いいけどよ」




それでも、自分にだけは隠させるつもりなど、なかった。

ただでさえ、リクオの傷は全て自分が見てきたのだ。



例え、どんな細かい傷だとして、こちらに気を使わせるのがいやだったとしても。




「………俺には、おめぇの全て、晒しやがれ」

「んぁ………っ!」




傷だけなんかじゃない。



散々焦らされて。

どこもかしこも性感帯とされたその身体。



理性を飛ばして自分の愛撫で乱れ、啼くその姿も。

蕩けきった思考で、ただ快楽だけを貪るその様も。




「隠すなんて、ゆるさねぇ………」

「あぁ……っ、ぜ……ん、鴆……っ!頼むから……いい加減………に……!」

「………もう、隠そうなんてしねぇな?」

「しねぇ……から……っ、あ、あ、はぁ……っ、―――――――っ!」




やっと解放された欲望に、目の前が白く爆ぜた。




「………ッハァ、はぁ、は……っ、はぁっ」

「……リクオ」

「鴆………んっ!おめぇ、また……!」




リクオの中で再び形を変えた鴆のそれに、リクオは非難の声を上げた。




「……もう少し、つきあってもらうぜ」

「あぁあ……っ」




(この……後で殴ってやる……!)




弱いところをダイレクトに突き上げられ、文句は嬌声へと変えられた。







儚き命が故か、どうやら義兄弟は相当執着心が強いらしい。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ