†ぬらりひょんの孫花園†

□桜吹雪に散りゆく毒羽
1ページ/3ページ

その日の夜は、珍しく鴆が急に体を求めてきた。



「………あ……っ、あ、っふ……鴆……!」

「………は……」



見事に咲き誇った枝垂れ桜の花びらが、緩やかに、けれど確実に散っていく。



「あ…っ、ん……ぅあ………っ!」

「………リクオ」

「はっ、あ……ぁ、ぜ、ん……!」

「………もっと」





もっと。



その声で。





俺の名前を、呼んでくれ。





「リクオ……っ」

「あ、あぁ……、……ッは……鴆……ぜ……ん……っ!」



切なげに呼ばれた刹那、勢いよく突き上げられて、リクオはその長く美しい髪を振り乱しながら、

白い喉を晒して果てた。



「まだ………足りねぇ……・っ」

「ん、んぅ………ッ」





噛みつくように口付けて。



欲情のまま、舌を絡め、その口腔を乱暴に犯して。




「んんぅ……っ!」




再び律動を再開してやれば、リクオが目の前で快感に眉を寄せた。




「あ、あ……ぜ……ん、鴆………っ!」

「……リクオ、リクオ……」




愛しい人が甘い声で己の名を呼ぶのに、鴆もまた、呼び返す。






リクオとは正反対の、切なげな声で。






リクオもそれに気づいている。



さっきから、いや最初から、鴆の声音にも、その表情にも、ほとんどといってもいいほど、欲の色がない。







掠れてくるほど、リクオに甘ったるい嬌声を上げることを強いて。




容赦なく快感を与え、悦がらせて、啼かせて。




リクオの乱れる様を視姦しながらも、なにゆえか、欲に染まらぬ瞳。






欲情をも凌駕する程の、感情。






「鴆っ、っあ……も……っと」

「………っ」



泣きそうな声でねだられ、鴆はぐっ、と唇をかみしめる。




そう、リクオは分かっていた。




何故、いつもはリクオの身体を慮ってくれるのに、今宵は全く容赦がないのか。



何故、鴆が唐突に身体を求めてきたのか。





何故、鴆がずっと、切なげな、苦しいような、表情をしているのか。






だからこそ、リクオは激しい鴆の行為にも、必死に応えた。











―――――失いたくない。











いつかは失うと分かっていても、叶わぬと分かっていても。








願わずには、居られない。






「はぁ…・…っ、鴆、鴆………ッ!あ……あぁ……ッ」

「・・・・・・リク、オ」

「なぁ………、鴆……っ!」

「……何、だ……?リクオ……」




気付いていた。



だから、手遅れにならないうちに。






「愛してる………っ!」


「・・・・・・・・ッ!!!」






普段の自分なら、ありえない言葉。



だって、でも、今、言っておかないと。











もう二度と、言えなくなってしまうだろうから。






愛。それは時に残酷に愛しき者を引き裂くもの。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ