短編

□不思議のアリスの国。
1ページ/12ページ

 アリスはただ、空を見上げていました。

「むー…」

 後ろの木に寄りかかって、青空を見上げます。

「白うさぎさん、来ないなあ…」

 ぽつり、呟きました。


 彼女は10歳。
 生まれ持った金色の髪と青い目は、彼女の自慢であり勘違いの元でした。

 水色が好きな母親は、ある時彼女にワンピースを作ってあげました。
 もちろん、水色のワンピースです。
 女の子なら誰でも一度は憧れる、白いフリルのエプロン付きです。
 着てみて、彼女は直感しました。

 わたしは、きっとアリスなんだわ。

 そんな、間違った直感でした。

 そして彼女はそれから、ずっとそのワンピースを着て、木の下で白うさぎを待っているのでした。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ