短編

□雨の中で、
2ページ/11ページ

 オレの思考を読んだのか、彼女は話し出した。

「わたしには、大事な人がいました。幼なじみの男の子で、大きくなって、わたしたちは付き合っていました」

 ――こいつ、幼そうに見えて彼氏持ちかよ。

「だけど…もう、あの人はいません。死んでしまったんです。…わたしが、道の向こうにあの人を見つけて、駆け寄ろうとしたせいで…」

 彼はわたしを庇って…。
 ころころ、ころころ。なんで笑ってるんだ、こいつ。
 気付けば、彼女はまた、傘を下げていた。
 顎辺りから下しか見えない。

「だから…わたしはここで、罰が下るのを待っています。…いつまでも、いつまでも」
 ころころ、ころころ。

 やっと気づいた。
 彼女のあの笑いは、自嘲を含んでいるのだ、と。
 ころころ。乾いた鈴が、今にも割れそうに、ころころと転がる。
 そんな、笑いだったのだ。

 オレは何となく、聞いた。

「…明日も、」

「はい…?」


「明日も、ここにいますか?」

 見守りたい。彼女の行く末を。





          c fin.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ