短編

□Missing Kids(仮)
1ページ/1ページ

誰も知らない

少年と少女がはぐれたわけを

昼前までは確かにいたのに



誰も知らない

子供たちがどこにいたのかを

何百の警察官が探したというのに



誰も知らない

子供たちがどうやって夜を越したのかを

二人が持っていたのはこれっぽっちの飲み水とお菓子だけだったのに



誰も知らない

手入れの行き届いた 初心者に優しいこの山の

遊歩道から逸れたところに

ひっそりと咲く

少年たちを魅了した 小さな花があることを





   *

大学の課題。要するに実際にあった事件をモチーフに詩を書くというもの。
言い回しが野暮ったいのは英訳することを考えて…
お花のくだりは完全に創作。ワーズワース読んだからかロマンチック取り入れてみたつもりになっている。
恥ずかしくてしにそうだけど英訳して提出するよ!なみだめ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ