短編

□わだつみ
1ページ/1ページ

「このまま本当に、渡るの?」

 浅い川に素足をつけて、彼女は手をつないだ彼に問いかけた。

「渡りたくないのかい」

「そんなことは、ないけれど」

 風になびいていた彼女の衣が降りてきて、静かに水を吸い上げる。

「向こう側に、きちんと辿り着けるのかしら」

 不安を隠しきれない声音が響いた。
 彼はふんわりと笑う。

「さあね。そんな事は、さして問題じゃないよ」

 彼女は不安そうな表情を浮かべながら、彼に身を預けた。

「そうね。それを願うわ」

 そして二人は、静かに歩き出す。



 先の見えない旅を、君と。
(何処かに着く事が、正義ではない)



.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ