短編

□冷たい指先
1ページ/1ページ

 つと彼女の冷えた手が腕を撫で上げて、そのあまりの冷たさに鳥肌が立った。
 彼女はそんなのお構いなしに腕から肩へ、鎖骨を沿って首へ、首筋から顎へ、そして頬へと指を滑らせる。
 彼女の指の跡に肌が粟立っていったが、緩やかで官能的なその動きにすっかり魅了されて、もうどうでも良くなっていた。

「ねえ、」
 耳元で彼女が囁いた。
 それだけで心臓がどきんと飛び跳ねて、顔がふわあっと熱くなる。

「な、なに…?」

 動揺を悟られたくないのに、出てきた声は既に敗北を認めていた。

「分かっているくせに」

 意地悪く笑う唇の隙間から、彼女の存外に低い声が零れ落ちた。
 ぐっと生唾を飲み込む。

 何かを言おうとしたが、彼女に先手を越された。
 頬を撫ぜていた指が、素早く動いて唇を撫で上げる。

「いいよ。何も言わないで」

 強気な態度は何処へやら。
 嘘みたいに弱々しい声が、小さく鼓膜を揺らした。

「言ってしまったら、何もかも終わってしまうから…」
 悲痛な響きで、彼女が囁いた。

 彼女は愛おしむように丁寧に、何度も何度も唇を撫ぜた。
 時折うわ言のように、何も言わないで、と繰り返す。

 彼女の指がこんなにも冷たい時点で、気づいてあげるべきだったのかもしれなかった。

 彼女がどんな気持ちで、今こうして触れているのかを。
 手を繋ぐよりも先に、唇に触れるわけを。

「うん」

 唐突に、彼女が満足そうに頷いた。
 名残惜しさを微塵にも感じさせない軽やかな動作で、あっさりと体を離す。
 よせばいいのに、そのまま三歩ほど距離を置いた。

「やっぱり、このくらいがいいね」

 底抜けに明るい声が、辺りに響く。

「ごめんね。もっと近くに行けると、思いたかったの」

 無理だったね、そう言って彼女は乾いた笑い声をあげた。

「このくらいの距離が、ちょうど、良かったよね」

 話しながら彼女は、綺麗に泣いた。

「だけどもう、この距離でもいられないね。もっと、離れなきゃね」

 両目から大粒の涙を零して、顔をくしゃくしゃにして、頬をほんのりと赤らめて。
 彼女があんまり魅力的に笑うから、きっとこの先、お互いに後悔しかないのだろうけど、

「うん」

 私は静かに、頷いた。



.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ