短編

□エスプレッソ
1ページ/1ページ

 景気付けのばずで淹れたエスプレッソが思いの外濃くて、その渋みに顔をしかめずにはいられない。くうー、とか呻いて顔を歪めてみるが、味覚には影響がないらしかった。
 いっそミルクでも入れてカフェラテにしようかと思ったが、甘いのは好きじゃない。
「……」
 好きじゃないと言われたなら幾分ましか。
 オブラートというやつはなかなか厄介者で、それがあるが故により深手を負ってしまうことだってあるのだ。
 かぶりを振って、エスプレッソを啜り上げた。

 エスプレッソ
 (それは苦い苦い恋の味)



.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ