短編

□うみいろめもりぃ
1ページ/1ページ

 豪華客船で世界一周。
 招待客は抽選で当たった十名。

 このとんでもなく強運の持ち主の中に、とんでもなく船酔いのひどい男がいた。

「うえ…やべえ、これは吐く…」

 男、悶絶中。
 今はパーティの真っ最中。

「でも参加しなきゃな…空気読め、だもんな」

 既に空気の読めていない男は、一人だけTシャツにジーパンだったのだが、そこはひとまず棚に上げておいた。

 だってしょうがない。
 彼、一般ピーポー(注・people。“人間”の意)だもの。

 周りのご婦人や紳士はみんな正装。
 当然お金持ち。

 だから浮いているのであって、それはいた仕方のないことだ。
 でしょ?

「ああ…もう無理…やっぱだめ」

 男は小声で呟いて、一人、甲板へ出て行った。


 夜風に当たると、少しばかり気分が良くなる。

 男は思い切り深呼吸をして、果てしない海を見た。

「暗いし…船の上じゃ海面まで高さありすぎて見えないな」

 何気なく男が言うと、

「何が?」

 そんな返答。
 脇に目をやると、長い黒髪をまとめた、妙齢の女性が立っていた。

「あんた誰」

「まあ、なんて下品な言葉遣い。誰だって構わないじゃないの。私だってあなたの名前、聞かないんだもの」

「ちっ。めんどくせえな、声かけてくんなよ」

「あら、いいじゃない。教えてよ」

 男は女性を一睨みした。
 渋々口を開く。

「……人魚、探してんの」

「へえ。どうして?」

 顔色も変えずに尋ねる女性に苛立ちを覚えながら、

「…『あたし、生まれ変わったら人魚になるんだ』」

 男はそう言った。
 女性はしばらく黙り、

「誰が、言ったの?」

 一言。

「……娘」

「そう……」

 女性はそう言って、海に目をやって、

「私の息子は、イルカになるって、言ってたわ」

 静かに言った。

 男は女性を見た。
 女性も男を見ていた。

「……探しましょうか」

 女性が、微笑む。

「…ああ」

 男が目を逸らす。


 二人はそれぞれ、それぞれの目当ての生き物を探しにかかった。

 明るい満月と、淡い星空の下で。


 暗い、海の中を、

  深い、記憶を辿って――

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ