短編

□記憶の破片(カケラ)
1ページ/2ページ

 マグカップの中を、ふーと吹いた。
 液体は揺れて世界を壊して、一瞬の後、新たに世界を創り上げた。
 液体の中を見降ろす。

 ――変わってない。

 自分のいる世界が、ふにゃふにゃと映っているだけ。
 ふにゃふにゃしているのは揺らした名残か。

 ――おかあさん、おかあさん。もうさめたかな。

 はっ、となった。誰の声だ?

 ――もう少し、ふーふーしようか。熱かったら大変でしょう?
 ――そうだね。もうすこし、ふーふーしよう。

 表通りにはまだ駐車場がなくて、よぼよぼのおばあさんが1人でやってた酒屋があった。
 カップの中は、今よりももっと濃い、チョコレート色。
 そうだった。
 母子そろって、この店のドーナツが好きだった。
 スイミングスクールの帰りに寄っていた。いつも、いつも。
 ドーナツ2個と、1杯のコーヒーとココア。
 2人でにこにこドーナツを平らげ、ふーふー冷まして母はコーヒーを、自分はココアを飲んだ。

 あの時も、世界は揺れて崩壊、すぐに元通りを繰り返していた。
 けどそんな事、気にも止めなかったんだ。
 スイミングでふやけた身体に、甘い温もりがじんわりと染み込んで、この小さな子どもはそれなりに幸せだった。

 それがいつしか失くなった。
 小さな子どもは大きくなり、母とケンカを繰り返し、自分の道を歩きだした。
 恥ずかしくて、後悔してるなんて言えない。
 そうだ、あの酒屋のおばあちゃんは、いつの間にいなくなったんだろ。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ