短編

□ふたぶたぶたふた
1ページ/1ページ

 ぶたがいました。
 目もありません。
 耳もありません。
 鼻もありません。
 ただ一つ、黒い耳みたいな形をした出っ張りがありました。

 ぶたはぶたでも、鍋蓋でした。


「うああああっ!」

 鍋蓋が叫びました。

「どしたよ?」

 相棒の鍋が言います。

「暇だっ!」

「はん、そんな事かい。寝ちまえばいいじゃねえか」

「そんな身も蓋もない言い方するなよ」

「だって身も蓋もねえもん」

「そっか蓋はおれっちだあああっ!」

「とりあえず静まれよ」

 中身がなく蓋も被ってないだけに、鍋はホントに身も蓋もありませんでした。

 そこへ。

「じゃあぼくちゃんがお相手しようか」

「なにぃ貴様はまさか…誰だっけ?」

 ずこー。
 足がないから転けられない鍋たちは、言葉を発して場の空気を転けさせました。

「ぼくちゃんだよぼくちゃん!――もう一匹のぶた!」

 その声に、鍋と鍋蓋を衝撃が走りました。


「落とし蓋かっ!」


「そう!その通り!」

 落とし蓋は喜びました。
 しかし鍋蓋は不満顔です。

「直接料理に触る不衛生なお前なんか見たくもないしィ!」

 なんか鍋蓋生意気な顔です。
 顔ないけど。

「な、なんだってえ?そういうキミこそ料理に直接蓋できないから不便じゃないか!その証拠としてぼくちゃんが生まれたんだからね!」

「な…ううぅ…お、おい鍋!お前はどう思うんだよ!」

 鍋は澄まし顔で、

「どっちも便利ー」

 なんか歌っぽく言いました。

「…おのれぇ!――じゃあお前!どう思うよ!」

 鍋蓋は相棒の裏切りに腹を立て、適当に隣にいた爺さまに声をかけたところ、

「一番はそれがしじゃ」

 と短い返答。

「な…お前…まさか、」

 しかしそこで、鍋、鍋蓋、落とし蓋に衝撃。


「被せ蓋かあぁっ!」





        おしまい

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ