かけらことばのおんなのこ

□10
12ページ/13ページ

「聞いちゃうんだ。名前」

「あ、すみません! 初対面なのに、失礼なことを……」

「いや、そうじゃないんだけど。いいよ。ただ、やまとさんには内緒にしてくれる? 僕が来たこと」

「え? なんで―――」

「いいから。名前を教える交換条件だよ。わかった?」

「……はい」

「僕の名前は“春瀬”。春に浅瀬の瀬で“はるせ”」

「はる……せ……」

 はてな。どこかで聞いたような。

「教えたからもう行くね。お邪魔しました。もう店には来ないよ。安心してね」

 くすっと笑うと、春瀬は扉を開けて出て行ってしまった。

「…………」

 俺はただ呆然とするほかなかった。



 その後のことはあまりよく覚えていない。
 いつやまとが戻ってきたのかも、結局春瀬の後に客が来たのかさえ、定かではなかった。
 気がついたら自宅のベッドに横になっていたが、そんなことすら俺にはどうでも良いことだったのだ。

 頭の中ではずっと、春瀬とのやりとりが思い返される。

 春瀬のあのしっとりとした髪。憂いを帯びた微笑。
 どことなく気だるさを醸し出している立ち姿。少し低くかすれた声。
 そして“春瀬”という名前。

 ―――春瀬の全てに、俺は惹きつけられてしまっていた。
 うっかり気を抜けばすぐにでも、あのミステリアスな存在に思考をとらわれてしまう。
 そしてそれを振り払うことも忘れて、俺はひたすらに夢想を続けた。

 もう店には来ないと言った。ということは、もう会えないのだろうか。
 他の曜日に来たりはしないだろうか。一体やまとにはどんな用事があったというのか。
 知りたい。知りたい。知りたい。でももうきっと、知ることはできない。

「……くそ。何考えてんだ、俺」

 そこで俺はようやく我に返って、ひとまず思考を止めた。
 またたく間に睡魔が襲ってきて、すぐに眠りに落ちた。

 結局、春瀬という名前を以前どこで聞いたのか、思い出すことはなかった。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ