かけらことばのおんなのこ

□10
10ページ/13ページ

「……は? 俺?」

「ええ。別にどうってことはないでしょう。任せましたよ。では」

 言うなりやまとは踵を返し、颯爽と歩いて出ていった。

「お、おい、待てよ!」

 俺は思わず後を追おうと身を乗り出して、カウンターテーブルに激突する。

「ぐえっ」

 わ、忘れてた。

 するとひょっこりやまとが戻ってきて、

「あ、お店の札、オープンに変えときましたよー」

「…………」

 沈黙。

「えっと……これ一体どんなバイト最終日?」

 答えはない。
 俺は静かに息を吸い込んだ。

「バイトに店任す店長があるかこの職務怠慢ー!」

 そりゃあもちろん、返事はない。



 一体どこまでねぎを買いに行ったのか。
 やまとはそれから一時間が経過しても戻ってこなかった。

 その間に客は一人もなく、ある意味なんの問題もないまま俺は“店長代理”を担っていた。

「暇だ……」

 ただこうなると、正直なところ帰りたい。
 給料につられてバイトを続けた自分を呪いながら、俺は何度目かの欠伸をした。

 カラァン。

 眠たい目をこすって、頬杖をつく。
 羊でも数えようかな、などとどうしようもないことを考えながら、俺は―――。

「ん? 今カラァンって……」

 客が来た?
 俺は慌てて姿勢を正すと、正面に目を向ける。



 そしてそこに、一人の人間を見た。



.
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ