かけらことばのおんなのこ

□10
1ページ/13ページ

 文化祭で使う衣装が配られたので、それを持って“あの茶店”に行った。
 用意早すぎだろ……絶対に前もって準備してあったんだ。うちのクラスに不穏な闇の組織が成立しているに違いない。
 民主主義はいづこ。

 そんなわけで俺は新品の執事服というやつに袖を通し、慣れない手つきでリボンタイを結んで、店へと出た。
 のれんの奥の部屋は店側と同じくらいの広さで、違う曜日で使われる備品などが雑多に押し込められている。
 のれんがかかった扉の脇に、壁際に沿うようにしてキッチンセット一式が置いてあった。
 ちなみにロッカーはないので、適当な机の上に私物を置いている。

 やまとの店でのアルバイトも三回目。

 それなりに手順にも慣れてきたが、その上でひとつだけ厄介なことがあった。
 というのもこの店、俺たち店員がカウンターから出られないのだ。
 カウンターテーブル代わりの長机が端から端まで詰めて置いてあり、通り抜ける隙間がないせいで、いわゆるフロアと行き来ができない。
 テーブル席も用意があるというのに、飲み物を運ぶことができないのだ。

「こんばんは。おや、制服が配られたようですね。お似合いですよ。―――それでは、今日も宜しくお願いします」

 店に出ると、先にいたやまとが声を上げた。

「……お願いします。それはいいとして、やまと、ひとつ聞きたいことが」

「なんでしょう」

「カウンターから出られないけど、テーブル席の客はどう対応するんだ?」

「うーん。そんなに混んだことがないので分かりかねます」

「おい」

「まあ、客に取りに来てもらうとか、どうにか乗り越えるとか、奥のお勝手から出て表に回るとか。臨機応変で良いのでは?」

「適当だな」

「適当です」

 やまとはそう言って、にっこり笑った。
 俺はこれ以上の追求は無駄だと判断し、黙って客を待った。

 十分待った。誰も来ない。
 三十分経った。まだ来ない。
 一時間経った。来ない。

「…………」

 二時間経っても、来ないものは来なかった。

「そういえば、ノッカがいなくなりましたね」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ