かけらことばのおんなのこ

□9
1ページ/9ページ



 その日は突然やってきた。

「じゃあな、慶太!」

「おう、涼太。また明日」

 挨拶を交わし、俺の目の前を通り過ぎた涼太の鞄――チャックが壊れて口を閉じられていない――から、一冊の雑誌が滑り落ちた。

「お。落としたぞ」

「ん? ああ、サンキュー」

 涼太が拾い上げた雑誌を何気なく見やる。
 それは、女物のファッション雑誌だった。

「……え、えええええーっ?」

 俺は思わず、大声を張り上げた。



「りょ、涼太! お前……」

「ん?」

「そ、そそそそそ、それ…なんだよ! どうして女の雑誌なんか」

「あ、それはだな、」

「なんで落ち着いてんだよ! 見られちゃまずいんじゃないのか? ふ、普通の男なら買わないだろ? 訳分からん!」

「おい。頼むから落ち着いてくれ」

「お前は、俺は、ごくごく普通で平凡な一般男子高校生だとばかり、思って! そ、そういうの持ち歩くような! なんていうか、そのだな!」

「大声を出すなって。恥ずかしい」

 涼太に口を塞がれて、俺はようやく落ち着きを取り戻した。

「違うんだよ。俺が興味を持ってんのは女のファッションじゃなくてさ、」

 涼太はパラパラと雑誌をめくると、とあるページを開き、俺に差し出してきた。
 俺は受け取って、そのページに目を落とす。

「ずっとファンでさ。つい買っちゃうんだよ」

 そんな涼太の声はしかし、俺の耳には入らない。
 そのページに、目を奪われてしまったのだ。



『ファッションモデル 山岸のどか特集』



 そんな見出し付きのその記事に、山岸のどかというモデルの写真が数枚載っている。

 秋服を身に纏い、上品な笑みを浮かべたその女性はモデルらしくすらりと高い背に、完璧なプロポーション、爽やかな短い茶髪をしていて――、

 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ