かけらことばのおんなのこ

□4
1ページ/13ページ

「やっと、来た」

 店に入った途端、薄暗くて見えない奥の方からそんな声がかかった。

「悪いな。なかなか時間なくて」

「嘘。他の日、行ってる」

「…やっぱ知ってるよな。でもさ、水曜は予定外だったんだぞ」

「有田、わがまま、言った」

「そうそう。試験前にどっかつれてけって、うるさくてうるさくて」

 何で有田の存在を知ってるのかは謎だが、そんなミステリー、この少女の前じゃ珍しいことではない。

「私、いつも、上、いる。声、聞こえる」

「あ…そうだね」

 相も変わらず口に出して言わずとも会話が成り立つが、それももう慣れた。

「にしても、相変わらず暗いな、ここ」

 久々に来た想の店。

 入る前から分かってはいたことだけど、想含め『きびだんご』は何も変わっていなかった。
 看板の虫食いも、薄暗い店内も、人の気配が全くないことも。

 それはそれで俺としてはいいことだが、どうにも俺の目的にはミスマッチだった。

「はあ…」

 柄にもなく、ため息なんてついてみる。

「何」

 レジの奥で、金色の瞳が光った。

「え、いや、何でもない…。なんか、食べたいな。何がある?今日」

「草餅」

「あ、もらう」

「……」

 想が、立ち上がらなかった。

 かしこまりました、も言わない。
 代わりに瞳が、きらりと光った。

「家、どうしたの」

 …え?

「今日、店、来る気なかった。仕方なく来た。違う?」

 …え。

「家、いられない。そうでしょ」

 頭が真っ白になった。
 目の前にいるはずの不思議少女を凝視して、俺はしばらく黙り込む。

 しばらくして、ようやく口を開いた。

「……その、通り。なんで?」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ