かけらことばのおんなのこ

□2
1ページ/14ページ

「慶太ー。明日ちょっと、祖父ちゃん家行ってきてくれない?」

 母にそう言われたのは月曜日の夜、お笑い番組を見ながらアイスにかじりついていたときだった。

「え?なんでまた」

「お野菜分けてもらう約束だったんだけど、母さん仕事入っちゃって行けないの」

 うちの母と祖父は、けしからんほどに仲がいい。
 祖母が若くして亡くなってしまったため、嫁姑のバトルになることがなかったから、というのもある。
 が一番の理由はやはり、ド天然同士の波長が合ったことだろう。

「ああ……まあ、いいや。行ってくる」

 最初は断ろうと思ったが、『あの茶店』を思い出して、俺は了解した。

「よろしくねえ。ピーマン嫌いだからって、こっそり置いてきちゃだめよー」

「嫌いじゃないし。子どもじゃないんだからそんな小さい事しないし」

「あらあら」

 何がどう『あらあら』なのか分からないが、たぶん母に聞いても首を傾げるだけだろうから、俺は何も言わなかった。
 自分の発言に振り回される母のことだ。
 深い考えなんてないだろう。

「…で、母さん、明日は何の仕事?」

 母は最近、地味に知名度を上げている声優で、今は3本のアニメでレギュラーの役をもらっていた。

「今回は新しいアニメなの。言葉を喋る猫の役もらったの。準レギュラーってとこ」

「聞いた限りじゃ、またお子様向け教育アニメっぽいな」

「あらよく分かるじゃん」

 口が裂けても言えないけど、母の才能は萌えキャラとか深夜帯の方面には発揮されないのだ。
 今までやった仕事だって、RPGのキャラクターボイスとか、喋るパンのヒーローの仲間役とか、犬とか。

「まあね。母さんの息子やってもうじき17年だから」

「あらあら」

 ほらまた言った。
 何がどう『あらあら』なんだってば。

 そんなわけで、俺の母こと芸名『にしま順子』の命令で、おれは『あの茶店』に行く口実ができた。


 翌日。
 祖父の家は後回しにするとして、あの便利すぎる街の一角で、

「……あれ?」

 高層ビルの間を覗き込んだ俺は、思わず呟いた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ