かけらことばのおんなのこ

□1
1ページ/8ページ

 その日、祖父の家に行くことにしたのは、総合の課題で自分史を作るからだ。
 俺は今じゃ家族でアパート住まいだが、生まれたのは祖父の家なのだ。
 高校生にもなって自分史などおかしいとは思うけど。

「あちぃ…」

 祖父自身はえらい古風なのに、家は割と都会にある。
 アスファルトジャングル、車に人の波…暑くないわけがない。

 出かけるときに着ていたジャケットは既に鞄にしまわれ、長かったジーパンも5段に折り畳まれて膝丈になっている。

 交差点で信号が赤なので止まって、俺はふと腕時計を見た。
 11時。
 祖父と約束した12時まで、まだ一時間もある。

 約束は守りたいタチなので、まだ家には行きたくない。
 かといってこの辺の地理には明るくないから、時間を潰せるような店なんかも知らない。
 けどこの炎天下の中、外で待つのも御免こうむりたい。

 さて、どうしたもんだか。

「むむむ…」

 俺は迷った挙句、とりあえず信号が青になったので道を渡ることにした。


   *   *


 その妙な店を見つけたのは、それから5分ほど歩いたときだった。

 何も考えずに、ひとまず祖父の家の方向に向かって歩いていたので、最寄駅から祖父の家までのルートの途中にあることはわかる。
 が、明確にどこなのかは分からない。

 とにかく、ヘンテコな店だった。

 まず、立地。
 両脇は20階はあるだろうか、超高層、かつ真新しいマンション。

 次に、環境。
 道路を渡った真向かいにコンビニがある。
 その右隣は、何とかっていうカフェ。
 この間テレビで紹介されてた。クラスの女子も行きたがってる奴多い。
 コンビニの左隣は、ファストフード店。
 更にファストフード店の脇の道を入れば、商店街。

 …便利すぎるにも程がある。

 そんな中にその店は、ちんまりと佇んでいた。

 見た目は郷土博物館にでもありそうな、古風な家。
 長屋とか言ったっけ?そんな見た目。
 もちろん一階建て。
 脇のマンションがやたら高く見えるのはそのせいだろうか。あながち外れてないはず。

 そして入る気も失せるほど汚い木製の看板に、ミミズがのたうちまわったような字で、

『甘味処 きびだんご』

 そう書かれていた。
 …のだと思うが、『ご』の字の半分くらいは虫食いにやられている。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ