Forever

□レイダの休日
1ページ/5ページ

 今日は、久しぶりの休日。
 軽音部の集まりもありません。

「…というか、クアルが来ないからお流れになったんだけどね」

 レイダは、誰も聞いていないのに一人、言い訳をしました。

 そして、そんな彼の休日の予定は、
 土曜日。一日ずっと復習。
 日曜日。一日ずっと予習。
 うっわつまんねえ人間!なのでありました。



 その頃、とある隣家では、

「おっはよう」

「おはよう兄貴。朝からテンション高いね。珍しい」

「そうかー?」

「うん。今日は槍でも降るかな」

「いやさ、実は昨日、カナっちとさあ――」

「ノロケは聞かん」

「ちぇーけちー」

「ふんだ」

「……ところでさ、今日どうすんだ?暇じゃん」

「私は勉強するんだけど。っていうか、レポートが終わらない。本気で意味が分からない」

「……。ごめん、中卒の兄貴には何もしてやれない」

「本当、役立たず」

「……」

「…だから、レイダに教えてもらう」

「おお!あのレイダがよく了承したな!」

「まさか。これから乗り込むのよ」

「……わが妹よ」

「なんじゃ」

「その作戦、俺も参加していいか?面白そうだから。そして俺今日暇だから。一人で家にいるのつまんないから」

「…許可する」

 そんな、密談がなされていました。



 昼。

「えーと、ワイイコールエフエックスを微分するから…」

 レイダは、順調にレポートを仕上げ、数学の復習に取り掛かっていました。
 家は今、レイダ以外誰もいません。

 父親は大学で講義を展開している最中。
 母親は、地下の化石でも掘り起こしているか。
 とにかく、誰もいません。

「エックス二乗の導関数は…」

 レイダは激しく独り言ちながら、問題を問いて、

  ピンポーン

 チャイムが鳴りました。

「ああもう…こんな時に」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ