Forever

□“アスアレイダー降臨”
1ページ/4ページ

 昔々、レイダたちが中学生だった頃のことです。

 レイダは当時から内気で、あまり目立ちたがらない性格でした。

 アスアは当時から活発で、とても目立ちたがりな性格でした。

 2人は偶然にも同じ中学を受験して、2人とも合格を決めたのでした。

 レイダはとてもがっかりし、アスアはとても喜びました。

 でもそれが、腐れ縁の良いところであり、悪いところであるのです。仕方ありません。

 だから2人は、同じ中学で学校生活を送っていました。

 レイダはとても地味に。

 アスアはとても派手に。

 本来なら、この2人に幼なじみであること以外に、接点ができるはずはありませんでした。

 本来ならば。


 それは、最高学年になる、半年前の出来事です。

 レイダの担任の先生(ベテラン。中年の男)が、

「オルデン。お前、今までずっと地味に学生生活を送ってたからな。どうだ、この際生徒会でもやってみたらどうだ?」

 そんな事を言ってきました。

「はい?」

 レイダは驚いて聞き返しました。すると、

「いやほら、青春じゃん?」

 もう駄目です。この担任、遠い目でおかしな事言っちゃってます。

 しかし、

「確かに…」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ