Forever

□第五章
1ページ/14ページ

 提案してみます。
 なんて、言うのは簡単だった。

「でもな…実際に言うとなると厳しいんだよなあ…」

 レイダは独り言ちて、彼の部室である多目的室に向かった。
 ドアをガラガラと開けて、中に入る。

 中には既に、リードとドーラがいた。
 相変わらず、クアルの姿は見えない。

「おお、レイダ。昨日どうしたんだ?大丈夫かよ」

 リードが真っ先に声をかけてきた。

 レイダは曖昧に返して、手近な椅子を引いて座る。

「…本当に平気なのかよ?」

 リードが不安げに尋ねて、レイダは慌てて、

「うん、も、もちろん!今日はなんか、授業疲れちゃって…」

 そう取り繕った。

「ああ…確かに、授業って辛いもんな。よく皆真面目に受けてられるよ。俺は駄目だ」

 リードは信じたのか、そんな風に同意した。

「あはは…まあね」

 授業に辛さを感じたことのないレイダは、なんと言ったら良いか悩み、結局どっちつかずに返した。

「ま!それはそれ、これはこれ。部活なんだ、目いっぱい練習しようぜ!」

「うん…そうだね」

 レイダはそう言って、ギター教本を開いた。
 リードとドーラも、各々の練習に取り掛かる。

 レイダはバレーコードのページを開いて、そのまま適当にギターを弾き始めた。
 教本を読んでいるつもりなのだが、集中できない。

 この雰囲気の中、どうやってあんな提案をしろと?

 欠席の旨を自分で部長に伝えることもできなかったのだ。
 自分にできるわけがない。

「はあ…」

 レイダはため息をついて、ふと隣を見た。

 リードがバレーコードを練習している。
 教本通りに弦を押さえて、ピックを使って一気に六弦全てを弾く。

 じゃーん。きちんとした和音が響いた。

「……」

 そもそも練習に出てこないクアルは別にすると、レイダは一番上達が遅い。
 バレーコードはおろか、普通のコードですら、確実に弾けない。
 こんな状況であんな提案をしたら、下手なくせに、と言われるのが関の山。

 自分にあんなことを言う権限なんてない気がした。

「はあ…」

「またかよ。ため息ばっかり。なんだっての」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ